銃剣道とは

銃剣道の歴史

石川県銃剣道連盟銃剣道の起源は明治時代初期にフランスから伝来した「洋式銃剣術」であり、現在の銃剣道は、それに日本古来の槍術各流派(宝蔵院流・佐分利流・疋田流・貫流など)の突き技の極意を取り込み改良したものになっています。

当時は「銃槍格闘」と呼ばれていましたが「銃剣術」と呼び方が変わり、昭和15年「大日本銃剣道振興会」発足とともに「銃剣道」に名称変更となりました。

「スポーツ銃剣道」として銃剣道が広まったのは、戦後昭和28年頃、戦技としての銃剣道を払拭してからであり、その時期の遅さから「近代武術」に位置づけられています。

 

銃剣道の特徴

石川県銃剣道連盟木銃を用いて戦います。

突き技のみで構成されている武道で、覚えることが少ないので武道をはじめてやろうという人向きです。

突く場所は、胸(心臓部)と首部のみ。試合では、審判により勝敗が決定します。

見た目は剣道の防具と似ていますが、心臓部を守る専用の防具があるので安全面で問題はありません。

全体重+突進力で最短距離を突くので、その威力と速度は他の武道の比ではありません。

大きく振りかぶる薙ぎに比べて最短距離を突くので、1撃目を外さなければ理論上最速かつ最強の武道です。