短剣道とは

短剣道の歴史

石川県銃剣道連盟武士が腰に帯びていた大・小の刀のうち小さい方を脇差し(小太刀)と呼び、その脇差し(小太刀)の用法が現在の短剣道に通ずるものである。

短剣道は小太刀の心技に由来し、特に第1次大戦の結果に鑑み、旧戸山学校において、短剣の使用法について研究がなされ、大正10年に集大成されて誕生したものである。

小太刀の起源は日本剣道の三大流祖のひとつとも言われる中条流の小太刀にその源を発し、特にその流れを汲む富田流小太刀が著名であったようであります。現代武道で小太刀として残されているのは、大正元年に制定された「日本剣道形」に小太刀3本の用法が残されています。

全日本銃剣道連盟では昭和53年に短剣道を導入して普及を始め、段位制定を行いました。称号の制定は昭和57年より行っています。

 

短剣道の特徴

石川県銃剣道連盟短剣道とは、伝統的な武術である剣術における「片手による小太刀の技」を基調とし、明治中期に創成され発展した武道である。(現在の短剣道は、銃剣の先に装着する短剣による武道という位置づけである)

短竹刀を片手で扱い、「突き技」「打ち技」「入り身制体技」により、比較的近い間合いで競い合う競技であり、怯まず攻勢的なところに特色がある。また、「短よく長を制する」ところに特徴があり、異種の武道種目との試合にも適応できる。

短剣道は護身術として、高い能力をもった武道である。剣道・銃剣道・薙刀と比べ、折りたたみ傘等の常備できるもので自らを護ることができる。また、技の数も少ないので、上達が早い。